FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

・ 「安全・安心」の今までとこれから

かがみ歯科医院 「安全・安心」の今までとこれから

口腔外バキュームで積極的に感染症対策をしています。

歯を削るなどの治療では、飛び散ったものをなるべく飛び散らさない、というのが安全安心のための一つの取り組みです。

治療中にお口の中で唾液などを吸い取るのが、歯科医療で一般的に行われているバキュームです。それに対して、口腔外バキューム(写真)は、患者様のお口の近くで、治療中に飛び散った目には見えない歯の粉や、金属片などの粉塵、唾液、様々な細菌汚染物質を強力に吸い取ります。そうすることで、患者様と治療者への感染と、診療室内の空気汚染を防ぎます。

歯科診療の技術が高度化すると共に、飛び散る汚染物質のリスクも高まり、 近年・・・でも歯科医院へ口腔外バキュームの導入が推奨されるようになりました。
かがみ歯科では、開業当初から治療の技術と共に、患者様と医療従事者の安全を第一に考え、口腔外バキュームを導入して治療をしてきました。(現在の設備は2代目です。)


| かがみ歯科通信 | 13:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT